男女

乗り心地と頑丈さ|カスタムハイエースのすすめ

トラックに用いる尿素水

車内

トラックやバスの運転手でなければ、尿素水と車の関連性についてあまり気にする必要はないかもしれません。尿素水とは、ディーゼルエンジンを用いた大型車両の排出するガスを規制するために使用する水です。大型の車というのは、その分パワーが必要であり、エンジンも大きなものとなります。そのため、排出するガスの量も大きく、地球環境に悪影響を与えてしまいがちです。しかし、尿素水を用いることで排気ガスを無害なガスに変換することができるため、多くのトラック運転手や企業がエコ対策の一環として尿素水を用いています。また、尿素水で排出ガスの規制を行わなければ車検に通らない地域もあり、特に首都圏では特定のエリアを走る場合は排気ガス対策が必須となります。いい方を変えれば、ガス規制を行わなければ首都圏でのトラックの運送業を行うことが出来ないというわけです。
そんなトラックに必要な尿素水ですが、近年ではエコツーライトが最も好評です。エコツーライトは尿素水の中でも非常に安価な部類に入り、JIS規格により安全性も保証されているため、いまや多くの業者がエコツーライトを使っています。また、尿素水関係のトラブルであるマフラー詰まりも、きちんと対策をしています。マフラー詰まりは尿素水が温度上昇することによって変化するトリウレットが原因だったのですが、エコツーライトはトリウレットの含有量が少ないため、メンテナンスが楽に行なえます。なお、使用上の注意としては、料金をケチって尿素水を薄めた場合、車の故障になる可能性が高いということです。